不動産通信

安心の保証期間

ブリリアでは、Brillia認定中古マンション制度というものを設けています。
これまでにも紹介してきたように、これはグッドデザイン賞を受賞しているものでもあります。
そして、中古マンションの売却や購入を検討しているならば、チェックしておきたいものの1つでもあります。

この制度が認定される事によって、色々なメリットがあるのですが中でも注目したいものがあります。
それが瑕疵担保責任と住宅設備機器においての保障です。
通常物件においての瑕疵担保責任は、売主側が物件引き渡し後の3ヶ月間は責任を負う事になっています。
しかし、Brillia認定中古マンション制度の認定が行なわれた場合、売り主ではなく保証会社が保障を行ってくれるのです。
また、その保証期間は引き渡しから「2年間」となっています。保証内容としては、給配水管の漏水があたります。

住宅設備機器についての保障も、瑕疵担保責任の保障同様に一般的には売主が責任を負います。
しかし、Brillia認定中古マンションの認定が行なわれた物件は、保証は保障会社によって行われ、その保証期間は上記同様に2年間となっています。
この保証期間は、一般的な住宅設備機器における保証期間7日間と比較しても実に長いものとなっている事がわかるかと思います。

ちなみに、検査や保障会社となる会社は、日本リビング保障株式会社となります。
また、保証期間は売主側の負担により最大5年間まで延長を行う事も可能です。